ブルースクリーンのSTOPコード一覧

公開日: 

ブルースクリーンのSTOPコード

ブルースクリーンの原因を探るのに必要なのがSTOPコードです。 STOPコードを元に調べるとトラブルになった原因がある程度特定可能です。但し、あくまでも可能性ですのでこのSTOPコードで不具合の原因が100%特定できるわけではありませんので注意が必要です。

STOPコード
(エラーコード)
STOPコードの概略
0x0000000A インストール中にプロセスの IRQL が高すぎる状態で、ページング可能なメモリに対するカーネル モードでのアクセスが行われた場合に発生します。一般に、このエラーはドライバが不適切なメモリ アドレスを使用している場合に発生します。
0x0000000A解決方法:0x0000000Aに関する詳細
0x0000001E 無効なメモリアドレスの参照やアクセス違反などが原因で、CPUが発した無効な命令をカーネルが検出した可能性があります。
0x0000001E解決方法:0x0000001Eに関する詳細
0x00000024 NTFSファイル(Ntfs.sys)が破損している可能性があります。Ntfs.sys は、NTFS パーティションの読み取り、書き込みを可能にするドライバファイルです。
0x00000024解決方法:0x00000024に関する詳細
0x0000002E 物理メモリやCPU上のキャッシュメモリ、VRAMなどでハードウェア的な障害が発生している可能性があります。 別のメモリへ交換することで改善できる場合があります。
0x0000002E解決方法:0x0000002Eに関する詳細
0x0000003F システムがPTE(Page Table Entry)を使い果たしてしまったかPTEが断片化している。ドライバやアプリケーションがメモリの管理を適切に行っていないことが原因。レジストリを修正し再起動することで復旧できる場合があります。
0x0000003F解決方法:0x0000003Fに関する詳細
0x00000050 こちらのエラーコードが出た場合はメモリのダンプファイルの削除で改善される場合があります。
またはメモリの物理的な破損の可能性があります。
0x00000050解決方法:0x00000050に関する詳細
0x00000077 要求されたカーネルデータのページをページングファイルから物理メモリ内に読むことができない。 一般に、このエラーはドライバが不適切なメモリ アドレスを使用している場合に発生します。
0x00000077解決方法:0x00000077に関する詳細
0x00000079 パソコンの種類を規定するHAL(Harware Abstruction Layer)とカーネルの情報が一致していない。OSの再インストール もしくは回復コンソールでの修復が必要な場合があります。
0x00000079解決方法:0x00000079に関する詳細
0x0000007A こちらのコードが出た場合はHDDの物理的な故障の可能性が高いです。
ハードディスクに 重要なデータがある場合は早急にバックアップを取ることをお勧めします。
0x0000007A解決方法:0x0000007Aに関する詳細
0x0000007B こちらのコードの場合は複数の可能性がありますが、デバイスドライバの問題で出る場合があります。パソコンの起動時に必要とされるデバイスドライバーが破損もしくは正常機能してないときに発生します。 ハードディスクを取出して、別のパソコンに入れ直したときにも発生する場合があります。
0x0000007B解決方法:0x0000007Bに関する詳細
0x0000007E ウィンドウズVISTAで発生したブルースクリーンの場合。
STOPコード「0x0000007E」参照
0x0000007F 0による割り算、あるいはCPUが無効な命令を実行しようとした時など、あり得ない処理が発生した。ドライバに不具合がある可能性が高い。またはメモリの物理的な破損の可能性があります。
STOPコード「0x0000007F」参照
0x0000008E Microsoft Windows XP の実行中に、バグチェック ID:0×0000008E (KERNEL_MODE_EXCEPTION_ NOT_HANDLED) エラーを参照するエラー メッセージがブルー スクリーンにランダムに表示されることがある。この現象は、プログラムが不適切なメモリ アドレスを参照したときに発生することがある。
0x0000008E解決方法:0x0000008Eに関する詳細
0x0000009F システムが無効な電力モードで動作していることが原因。スタンバイモードや休止状態への移行時に発生することが多い。BIOSで電源の設定を見直すことが必要です。
OSによってはサポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができる場合があります。(ウィンドウズ7もしくはWindowsServer2008の場合)
STOPコード「0x0000009F」参照
0x000000BE ドライバが読み込み専用のROMにデータを書き込もうとした。ドライバに不具合があるか、あるいはメモリが物理的に破損しているために、あり得ない領域に書き込むようにプログラムが書き換わってしまった。ウィンドウズがセーフモードで起動できるか確認する必要があります。
0x000000BE解決方法:0x000000BEに関する詳細
0x000000C2 システムのプロセスやドライバがサイズ0のメモリプールを割り当てようとした場合や、すでに解放されているメモリ領域を解放しようとした。ドライバに不具合がある可能性が高いです。リカバリをおこなうことにより復旧できる可能性があります。
0x000000C2解決方法:0x000000C2に関する詳細
0x000000CE ドライバが終了する前に保留されていた操作を取り消すことに失敗した。ドライバの不具合が原因です。
不具合のあるドライバを切り分ける必要があります。
0x000000CE解決方法:0x000000CEに関する詳細
0x000000D1 ネットワーク関連のドライバの不具合の可能性が高いエラーです。
無線、有線とわずネットワークに関するデバイスドライバーが障害となる場合にでる時があります。
0x000000D1解決方法:0x000000D1に関する詳細
0x000000D8 ドライバが大量のメモリを要求したために、システムがPTEを使い果たした。ドライバの不具合が原因。
レジストリの修正で復旧する場合があります。
0x000000D8解決方法:0x000000D8に関する詳細
0x000000EA ドライバにエラーがあるため、コンピュータが停止した。グラフィックドライバーの不具合で発生することがあります。WixnXPの場合はSP3に かならず更新してください(WinXP_SP3更新方法
0x000000EA解決方法:0x000000EAに関する詳細
0x000000ED 起動ドライブのマウントに失敗した。ハードウェアに不具合がある可能性が高いです。特にハードディスク物理的な故障の可能性が高いです。
0x000000ED解決方法:0x000000EDに関する詳細
0x000000F2 ドライバが送信した割り込み解放信号に対しハードウェアが応答しないなどの理由でカーネルメモリが大量の割り込みを検出した。メモリなどに不具合がある可能性があります。
0x000000F2解決方法:0x000000F2に関する詳細
0x000000F4 ハードデイスクケーブルのトラブルやハードデイスク自体がダメな場合などがあります。またメモリに起因する場合もあるので一概にこれという対処方法はありません。
0x000000F4解決方法:0x000000F4に関する詳細
0x0000021A セキュリティが保証できなくなった。
前回正常起動時の構成で起動するを選択で、復旧できる場合があります。
0x0000021A解決方法:0x0000021Aに関する詳細
0x00000116 ファイル名:nvlddmkm.sys
エラーコードに上記ファイル名の記載がある場合はグラフィック関連のトラブルの可能性があります。グラフィックドライバの更新等で復旧できる場合があります。
0x00000221 ドライバ、システムファイル、ディスクの破損、ページファイルが破損などにより、チェックサムの値が正常な値と異なった。ほとんどの場合ハードウェアの異常が原因。
0x00000221解決方法:0x00000221に関する詳細

ブルースクリーンの原因3大要素:HDD、メモリ、システム

ブルースクリーンは上記3点が要因となることが多いです。

ブルースクリーン要因の詳細を確認する

ブルースクリーンの解決方法

ブルースクリーンの解決方法

PCが起動しない時の対処方法

パソコン買取無料査定
ブルースクリーンのパソコン買取いたします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑