apple iMac 「MB953J/A」Late2009の分解・HDD交換作業

公開日: 

apple iMac 「MB953J/A」Late2009の分解

iMac「MB953J/A」27インチモデルを分解してHDDを交換しました。その作業の流れのお写真と解説になります。
HDDの故障はよくあるトラブルですが、自分でHDD交換できれば修理代の節約になります。

分解は少し特殊になります。分解時の一番のコツは丁寧な作業です。焦らずにゆっくりと、部品を確認しながら作業します。あわてて作業をすると部品等を破損しますので注意が必要です。

パソコン買取ロゴ

故障パソコン買取

iMacの分解作業手順

はじめに全面のガラス部分を外します。iMacのガラス面は吸盤などを利用して取り外します。

iMacガラスの取外し(簡単便利!)


ガラス面を外したあとは、写真の赤丸部分のネジを8本外します。

ネジはすべてトルクス(星形)です。トルクス用のドライバーがないと外せません。トルクス用のドライバーはホームセンター等で購入が可能です。
私がいつも使用しているドライバのセットです。ネット通販で1000円くらいでした。このセットはトルクスのネジサイズがたくさんあるのでアップルMac系統の分解の際は重宝しています。Macは普通のドライバーもありますが、トルクスも使用されていることが多いです。

ドライバーセットはamazonで購入可能です。

 






ネジを1本づつ丁寧に外していきます。磁石が近くにあるのでくっついたりしますのでピンセットがあると便利です。
8本全てのネジを外すと液晶パネル部分が手前に外れます。このとき注意が必要なのがケーブルです。


液晶パネル部分よりケーブルが4本、本体側に接続されているので無理にパネルを開いてしまうと断線しますので、隙間を開けてケーブルを外します。
ケーブル類を外した後は液晶パネル部分が取外しできます。

iMacの分解
内部の写真です。真ん中あたりの緑の部品がHDDです。
赤枠部分がケーブルの差し込まれている場所です。細いケーブルもあるので、切らないように丁寧に外します。


HDDは赤丸部分の2本のネジと赤枠のケーブル2本(SATAと電源)を外すとマウンタごと取外しできます。

HDD詳細

メーカー:Seagate
MODEL:ST31000528AS
サイズ:3.5インチ
容量:1000GB(1TB)

同タイプのHDDはamazonで購入可能です。

HDD購入の注意事項

HDDは新品に交換してOSをインストールすれば修理完了です。

HDDは特に故障の多い部品です。今まで多くのパソコンを分解修理してきましたが、半分くらいはHDD故障でした。
故障した場合でも自分で修理すれば修理代の節約になります。HDDの部品自体は通常は汎用品で一般的に市販されていますので自分で修理も可能です。
注:たまに特殊なHDDを使用しているパソコンもあります。SSDの機種もあります。修理の際は確認が必要です。

アップルMAC買取いたします
ご不要になりましたMac買取いたします。故障したMacも買取可能です。

apple Mac分解リスト
各種Macを分解した際の手順と写真です。

パソコン分解サイト
各メーカーのパソコンを分解した際の手順と写真です。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑