NECの「PC-9801」「PC-100」が重要科学技術史資料に登録

公開日: 

NECの「PC-9801」「PC-100」が重要科学技術史資料に登録

necpc

NECパーソナルコンピュータは、1982年発表のパーソナルコンピュータ「PC-9801」と1983年発表の「PC-100」が、独立行政法人国立科学博物館によって「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」として登録されたと発表した。

未来技術遺産は、「世界有数の産業技術を持つ日本の産業技術の歴史を、未来に役立てる情報として、世界的に見ても特筆すべき発明や開発品を同博物館の産業技術史資料情報センターが登録をおこなっている」というもの。

同社によれば、今年度登録を受けた「PC-9801」「PC-100」は、いずれも今日のパーソナルコンピュータ発展の重要なマイルストーンとして、NECのみならず国内外に多くの影響を残したモデルであることから、登録に至ったとのこと。特に、「PC-9801」は「キューハチ」の愛称で親しまれ、国内パソコン市場で広く普及したことから「日本のパソコン普及期の代表的モデルとされる歴史的傑作機」と位置づける。

「PC-9801」は、グラフィックディスプレイコントローラ(GDC)で高速化した640×400ドットのディスプレイと16ビット外部バスをもち、オプションのJIS第一水準漢字ROMの搭載で漢字処理に対応した16ビットパーソナルコンピュータ。拡張性の高いハードウェアと、すでに普及していた8ビットPCと交換性のあるOS的役割を果たすソフトウェア「N88-BASIC(86)」を搭載していた。1980年代後半から10年以上にわたって、事実上の日本の標準機として普及した「98シリーズ」の初代機となる。

「PC-100」は、マウスによるグラフィカルユーザインターフェース(GUI)と、縦横どちらの配置でも使える720×512ドットの絵と文字を同様に扱えるビットマップディスプレイを標準で装備。キャラクタベースドユーザインターフェース(CUI)のOS(MS-DOS Ver.2.01)にGUIを実現するシェルプログラムと日本語処理環境を組み合わせ、操作体系を極力統一するとともに、ワードプロセッサや表計算などのアプリケーション間の連携など、現代では一般化している設計方針や技術を量販品で実現した。

価格.comニュース

初めてのパソコン

1980年代、私が初めて使用したパソコンはNECのPC-8801でした。高校生の時にバイトをして購入したものです。当時はパソコンは利用者も少なく一部の人が使う機器でした。

NEC:PC-8801

詳細型番は忘れましたが、5インチフロッピーディスク2基です。当時はHDDなどありませんでした。FDをドライブに入れるとガシャガシャといった感じで読み込みします。結構時間もかかった気がします。

その後PC-9801のノートパソコンを購入しました。中古で購入したのですが20万円くらいしました。この頃にはFDも3.5インチとなり、HDDもありました。HDDは容量が20MBとかでしたね。2016年現在、メモリだけでも数GBですのでものすごい進歩しております。

その後はウィンドウズのPCを扱うようになりましたが、NECのシリーズは非常に懐かしい思い出です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑