液晶画面が割れたパソコンを外部モニタで表示する:パソコン修理

公開日: 

ノートパソコンは液晶パネルを破損するケースが多いです。

  • 落としてしまった
  • 踏んでしまった
  • 物をおいてパネルを閉じてしまった

など理由は様々ですが持ち運びできて便利な半面、破損も多いです。液晶パネルが破損すると画面が見えないためデーターなどの取出しも出来ません。
そんなパネル破損時の応急処置の方法です。

別途液晶モニターが必要になります。方法は簡単です。液晶モニターをノートパソコンに接続するだけです。

液晶モニターはアマゾンなどで購入可能です。



モニターの接続

今回使用するノートパソコン:VAIO VPCEB18FJ


画像のようにパネルが割れているため、画面がほんの一部しか表示されません。


ノートパソコンに液晶モニターのケーブルを接続します。コネクターは本体左側にあります。接続はD-sub15ピンです。
この状態で電源を投入すると外部モニターに画面が表示されます。

接続する液晶モニターはD-sub15ピンと呼ばれるコネクターがあればOKです。

amazonで購入可能です。


Windows7が起動した状態です。画面が見えないと何も出来ませんが、これでデーターの取出しなどが可能になります。

必要なデーターがある場合はUSBメモリなどに保存します。
ノートパソコンの初期化が必要であればリカバリ(パソコン初期化)も可能です。

液晶画面が割れたしまった場合はお試しください。




リカバリディスクの入手方法:リカバリディスクがない場合は

VAIO VPCEB38FJ液晶パネル交換:液晶パネルの交換修理

VAIO分解一覧:VAIO分解修理一覧

パソコン分解サイト

故障したパソコンの買取

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑