ジャンク品 自作パソコン

更新:2012/12/12

▼マザーボードの各部名称

915P-A Rev1.2Aの各部分の名称とその役割

 

●マザーボード

メーカー名:ECS マザーボード名:915P-A Rev1.2A ソケット:LGA775

 

各部分の名称とその役割

マザーボードはパソコンの基幹となる大元の部品です。

その種類は豊富にでており多種多様ですが、基本的な構成は同じです。

 

各種I/O

周辺機器を接続するためのポート類がまとめられています。マザーボードの種類によってそのポート類は異なります。

USBポートやLANポートなどはほとんどのタイプで搭載されていることが多いです。

またそのサイズは規格が決まっておりこちらのマザーボードはATXという規格になります。

 

CPU電源コネクタ

CPUに電源を供給するための電源ケーブル用コネクターです。

CPUの消費電力が大きくなるにつれてこのコネクタが必要になりました。

 

CPUソケット

CPUを取付するソケットです。このソケットの形状により取付可能なCPUが決まります。

こちらのマザーボードのソケットはLGA775になります。

搭載可能なCPUはPentium4とCeleronDになります。

 

ヒートシンク

熱を持ったチップを冷やすための部品です。

マザーボードにはチップが搭載されてしまいますがこちらのチップが熱を持ってしまうと熱暴走でトラブルの原因となってしまいます。

そのような熱暴走を防ぐための部品です。

 

メモリスロット

メモリをここに取付します。規格のあったものを取付します。

915P-A Rev1.1は2通りの規格のメモリが装着可能です。可能なのはDDR400とDDR533になります。

DDR400およびDDR533のメモリが各2枚ずつ装着可能です。

通常のマザーボードでは1つの規格のメモリが数枚装着可能なものが多いです。

 

電源コネクタ

電源ユニットより電源を供給するコネクタを差し込む部分です。

915P-A Rev1.1は24ピンコネクターになりますので24ピンのコネクターを差し込みます。

マザーボードの種類によってこのコネクターのピン数は異なります。

 

各種スロット類

PCI、AGP-E、PCI-Eの各種拡張スロットはいろいろな拡張用のカードを増設できます。

PCIは以前よりある拡張スロットで多くのカード類がでています。

AGP-Eはグラフィックカードの拡張用スロットです。

PCI-Eは新しめの拡張用のスロットでデーターの転送速度が速いです。

 

SATAコネクタとIDEコネクタ

SATAおよびIDE接続の機器類を接続するコネクターです。

IDEよりもSATAのほうが規格が新しくデータ転送速度が速いです。

ハードディスクや光学ドライブを接続します。

915P-A Rev1.1はSATAのコネクタが4基、IDE用のコネクタが1基あります。

 

FDD I/F

フロッピーディスクドライブを接続するためのコネクターです。

フロッピーディスク自体はだんだん使用頻度が少なくなってしまった機器ですが1基接続可能です。

 

CMOS

マザーボードの設定情報を記憶しておくために必要なボタン電池です。

一般的にはCR2032のボタン電池が使用されています。

この電池を抜いてしまうとマザーボードに設定されている情報がなくなります。

 

ジャンク部品でパソコン自作TOP

 


●PC分解に役立つ基礎知識

主要ページ
サイトマップ
パソコン分解TOP
分解難易度ランキング
パソコンメーカー直販サイトリスト
各メーカー別リスト
故障したパソコンの買取
作業内容別の分解
知ってお得パソコン知識
故障パソコンの買取
運営者情報
メーカー別の分解ページ
NECのPC分解
富士通のPC分解
SONYのPC分解(VAIO)
東芝のPC分解
Let's Note CF-Y7メモリ交換
DELLのPC分解
LenovoのPC分解
apple MacのPC分解と修理
ジャンク部品で自作PC
acerのPC分解
パソコンパーツ別ページ
PCパーツの名称と役割/PC分解
PCのメモリについて/トラブル解決
HDD分解、交換について
マザーボードについて
PCが起動しない時の対処方法
便利なフリーソフト集
分解修理に役立つPCショップ
ヤフオクでパーツをさがそう
ブルースクリーンの解決方法
パソコン分解動画
外部リンク
栃木県の地域情報サイト
栃木県のスキー場
栃木県のイルミネーション
日光・那須の紅葉時期
世界遺産「日光の社寺」
日光・那須の紅葉
栃木県のプール
栃木県の花火大会
宇都宮の花火大会
HDD交換WEBサイト