パソコンパーツについて:部品の名称

PCパーツの各部名称と役割

パソコンの部品について

パソコンパーツ説明

パソコンの各種部品の説明とお写真です。画像はデスクトップパソコン用のパーツになります。 パソコンを自作する際や分解してパソコンの勉強をおこなう際のご参考にしてください。  

ノートパソコンも部品の構成はあまり変わりませんが、各部品が特殊なものや専用のものである場合が多いです。 特にノートパソコンのマザーボードは機種独自に開発さているので汎用性がありません。なので故障のときに部品を探すのは大変です。

マザーボード(メイン基盤)

パソコンのメインの基盤になります。こちらの基盤に各部品が接続されて構成されます。接続される各部品:CPU、メモリ、HDD、電源ユニット、グラフィックカード、各種増設カードなど。 メインの基盤ですので部品自体が高額になります。修理する場合も高額なケースが多いです。
CPUはこのマザーボードに取付しますが、CPUソケットの形状で取付可能なCPUが決まります。CPUはパソコンの頭脳ともいえる部品です。CPUの性能でパソコンの基本的な処理速度が決まりますので、マザーボードを選ぶ際はどのCPUを取付するのかを決定してから選びます。

マザーボード 

マザーボードについての詳細
 

CPU(中央演算処理装置)

パソコンの頭脳とも言うべき部品です。パソコン内でのあらゆる計算や処理をこの部品でおこないます。
パソコン上でなんらかの処理を行う場合、まずこのCPUで計算をおこないます。そして計算した結果でPC内部での処理がおこなわれるのでこのCPUの性能が良いほどパソコン自体の処理能力が良くなります。
主たるCPUメーカはインテルとAMDがあり、両者でCPUの開発にしのぎを削っています。

CPU 


メモリ(RAM)

パソコンの作業をおこなうための作業領域のチップです。この容量が多いほど多くのソフトが起動できます。
容量が少ないと起動が遅くなったり、フリーズしたりの症状が出たりします。
また多くのパソコンでは増設して容量を増やすことが可能です。デスクトップパソコンでは比較的増量しやすいものが多いです。
メモリ

PCのメモリについての詳細


電源ユニット

パソコンの各部品に電源を供給するための部品です。コンセントから電源を供給し電圧を変換して各部品へ接続します。

経年劣化などで弱ってくると電源が入らなくなる症状が出る場合があります。

また内部には放熱用のファンがありこちらに埃などがたまってくると放熱高価が弱くなり電源断などの症状が出たりします。

ノートパソコンの場合はACアダプターになります。


電源ユニット


HDD(ハードディスク)

パソコンのデータを保存する部品です。ウィンドウズのシステムや各種の作成したデータはここに保存されます。 精密に動作する部品なので非常に壊れやすく故障の多い部品です。
ハードディスクはパソコンの部品の中でも特に重要なパーツです。[ハードディスクの基礎知識]

HDD 

HDD分解、交換について


グラフィックカード

画面を出力するための部品です。ゲームや動画の編集など画像処理が高度な作業をおこなう場合に必要になります。
マザーボードにグラフィック処理機能が内蔵されているタイプが多いです。
デスクトップパソコンの場合はあとから高性能のものを増設することが可能です。  

グラフィクボード

 

このような多くの部品によりパソコンは構成されています。

各種パーツとも重要な部品でどれかひとつが故障すると起動しなくなったりする症状が発生します。

特にハードディスクは各種データが保存されている部品で、ハードディスクが壊れてしまうとデータが無くなるおそれがあります。大切なデータはバックアップととる必要があります。

パソコン分解TOP

パソコンのブログ更新中

 

 

パソコン分解TOP

● PC分解に役立つ基礎知識


パソコントラブル解決
パソコントラブル簡易診断
ブルースクリーン
ジャンク部品で自作パソコン
新品XPパソコン販売

 

 

 

サイトマップ / 作業内容別の分解 / 知ってお得パソコン知識 / 故障パソコンの買取 / 運営者情報