Mac book Airから外したSSDをPCに外付けする:apple Mac

パソコンの分解
スポンサーリンク

SSDを外付けにする

MacbookAirの年式:2010年、2011年
分解したMacBook airから取り出したSSDをUSB外付けにしてフォーマットします。もともとMacBook airのSSDは特殊なコネクターを使用しているのでそのままSATAなどのコネクターには接続できません。SSDのコネクターをいったん変換してからSATAに接続するかたちになります。

Mac book airの分解(A1369)2011モデル

使用するのは変換アダプターです。amazonで購入しました。
SSDはMacBook airの年代によってコネクターの形状が異なります。変換アダプター購入の際は注意が必要です。良く形状を確認してから変換アダプターを購入しましょう。

SATAの2.5インチHDDケースも必要です。USBに接続する基盤を使用します。

今回使用した機器類


amazonで購入した変換アダプターx1
SATAコネクター(USB接続)x1
MacBook airのSSD256GBx1


256GB:SSD
SSDはMacの年代によってコネクタの形状が異なります。変換アダプター購入の際は注意が必要です。


USBケーブル



実際の作業

取外したSSDを変換アダプターに取り付けします。


SATAのコネクターを取り付けしてUSBケーブルを差し込みます。あとはパソコンのUSBコネクタに接続するだけです。Win7なら自動で認識しました。USBで接続すればWindowsでもMacでも認識させることは可能です。もちろんフォーマットもできますので、念入りにデーター消去が必要な場合はここでおこなうこともできます。


パソコンの管理画面です。ディスク2としてSSDが認識されています。

200MBのEFIシステムの削除は特殊です。この画面ではできません。
真ん中と右のパーティションは削除してフォーマットできます。


フォーマットしたあとはウィンドウズ上にてSSDが確認できます。

電源が入らないMacBookや液晶画面が割れてしまったMacBookなどはSSDを取外してデーターを別のパソコンに取り込んだり、ファイル保存用のSSDとして利用が可能です。機会があればお試しを!

Mac book airの分解(A1369)2011モデル

パソコン分解サイト

apple Mac分解リスト

SSDのピン数の違い


上:6pin+16pin
下:6pin+12pin


6pin+16pin



SSDの変換アダプター

MacbookAir 2010 2011用

2010および2011はSSDのコネクタが共通しています。なので変換アダプターも同じものが利用できます。
型番:A1369 A1370 A1375 A1377 MC503 MC505 MC506 MC965 MC968 MC969

MacbookAir 2012用

こちらはMacbookAirの2012モデル用になります。
型番:A1465 A1466 MD223 MD224 MD231 MD232

MacbookAir 2013 14 15 16

こちらの変換アダプターはM.2に変換するものです。SATA変換ではないので注意が必要です。

SSDの増設アップグレードキット

コメント