Mac book Proの分解:A1708 2016モデル

パソコンの分解

Macbook Proを分解して内蔵のSSDを取り外してみました。Windowsパソコンに比べてMacは分解やパーツ交換が難しいものが多いですが、Macbook Proの2016のTouch Bar「あり」モデルはロジックボード直付けのためSSDは取外しができません。また2017以降はSSDやメモリの交換ができなくなっているようです。

今回は2016のTouch Bar「なし」モデルなのでSSDは取外しができます。

今回分解したMacbook Pro
タイプ:13-inch、2016
MODEL:A1708
Touch Bar なし

Macbook高価買取いたします(故障品OK)

スポンサーリンク

Macbook Proの分解

では早速分解にとりかかります。

ドライバー

Macの分解時には専用工具が必要です。トルクスドライバーと呼ばれる特殊タイプのドライバーが必要になるので下記ページを参考にしてください。

今回のMacbook Proの分解ではペンタローブとへクスローブと呼ばれる2種類のドライバーが必要です。

背面のネジを取り外す

Macの背面写真です。ネジを6本外します。
ネジは長さの違う3種類です。

ネジは2本ずつ長さが違うのでわかるようにしておきましょう。
赤青緑の枠線のネジはともに2本づつとなります。

長さはおよそ、4ミリ、5ミリ、6.5ミリの3種類です。

背面のカバー取り外し

ネジを6本外した後はカバーを取り外します。このカバーも特別な差し込みになっていて、写真の下のほうを浮かせた後に矢印方向へスライドさせます。

外れた状態写真ですが、背面カバーの青い枠部分が本体側の赤枠部分へ差し込まれています。これが左右2か所ありますのでスライドさせて開ける必要があるのです。スライド時は結構力を入れてオープンさせます。

MacbookPro内部写真

Macbook Pro内部写真。背面カバーを開けると内部にアクセス可能です。
ロジックボードの左側の四角い銀色のパーツがSSDになります。

内部はコンパクトにまとまっていますね。バッテリーは長時間対応のため大きいです。半分くらいはバッテリーが占めておりますね。スピーカーも意外と大きいですね。音質にこだわるとこのサイズになるのでしょうか。

Macbook高価買取いたします(故障品OK)

SSDを取り外す

SSDを取り外すにははじめにスピーカーを外す必要があります。

赤枠ネジ2本・スピーカー
黄枠ネジ2本・SSD

ネジは合計4本外しておきましょう。

SSDを固定しているテープも剥がします。ちょっと強めのテープになっています。周りをキズ付けないように丁寧に剥がします。

スピーカーを浮かせてSSD本体をスライドさせると取り外しができます。

SSD本体

こちらが取外したSSD本体です。

反対側写真。

SSD詳細
容量:512GB
Model:656-0042B
C0864570

このSSDは差込み形状が特殊なものになります。一般的なSATAやM.2ではないので金額的にも高価なものになります。値段が高いので修理するかは悩みどころですねー。

参考価格(2020年5月)
128GB:51000円
256GB:71000円
512GB:83000円

Macbook高価買取いたします(故障品OK)

MacのSSD交換可能モデルと不可能モデル

コメント