ブルースクリーンの解決方法「0x0000007B」

公開日: 




よく見かけるブルースクリーンの解決方法

STOPコード:0x0000007B

こちらのコードの場合は複数の可能性がありますが、デバイスドライバの問題で出る場合があります。パソコンの起動時に必要とされるデバイスドライバーが破損もしくは正常機能してないときに発生します。 ハードディスクを取出して、別のパソコンに入れ直したときにも発生する場合があります。

▼対応方法

セーフモードで起動してみる。セーフモードで起動を試してみて起動ができる場合は、セーフモード時に読込しないデバイスドライバーが原因と考えられます。この場合は可能性のあるデバイスドライバーをひとつづつチェックしていく必要があります。チェック作業は非常に手間が掛かりますのでウィンドウズの修復をおこなうのもひとつの方法です。

セーフモードで起動できない場合はかなり重症の可能性があります。その場合はウィンドウズの修復をおこないます。
ウィンドウズの修復とはウィンドウズOSのインストールディスクを使用しておこなうOSの修復作業です。XPの場合はXPのディスクを入れてCDからブートさせると修復インストールという項目がありますのでそちらをおこないます。

ウィンドウズの 修復インストールをおこなうことによりウィンドウズのシステムの部分を再インストールするかたちになりますのでデバイスドライバの不具合が修復できる場合があります。修復ができた場合は各種データや多くの設定類はそのまま残りますので、また同環境でウィンドウズが使用可能になります。

パソコンを初期化する

システム的な原因の場合は、パソコンを初期化(リカバリ)することで復旧できる場合があります。

初期化をおこなうとパソコン内のデータはなくなるので事前にバックアップが必要です。

NECノートパソコンのリカバリ「LL370/J」OS・VISTA:リカバリの事例

関連記事

HDDのバックアップについて

HDDの交換について

リカバリディスクの入手方法

HDDクローンソフト「Acronis True Image」

ブルースクリーンのSTOPコード

ノートパソコンのHDD交換

Windows7のインストール方法

ブルースクリーンのSTOPコード

ブルースクリーンの解決方法

HDDを別のパソコンに移す方法(外部リンク)
「Acronis True Image」を使用したHDD移行作業
1234
不明なデバイスを調べる方法




パソコン分解サイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑