東芝 REGZA PC D712/V3HG ボードPC分解HDD取外し

公開日:  最終更新日:2018/06/21

パソコン分解サイト

HDDが故障した一体型パソコンの分解作業です。
分解をおこない、内蔵HDDを取外しました。

メーカー名:東芝
型番:D712/V3HG(PD712V3HSMG)

CPU:Celeron
HDD容量:1TB
メモリ容量:4GB




パソコンの分解作業

分解時にはB-casカードは抜いておきます。抜いておかないと破損の原因となりますので注意が必要です。

パソコンの背面写真
赤枠のカバー2枚を外します。

 

赤丸部分のネジ10本を外します。場所により隠しネジがあります(後述)

 

光学ドライブ取外し。ネジを外した後に左にスライドさせることで取外しができます。

 

左下のカバーを外すとネジが1本あります。部品が一つあるので抜いてから取外します。

 

本体の足の部分にはゴムカバーの下にネジがあります。ゴムカバーを剥がしてからネジを外します(2本)

 

背面のネジ10本を外すと背面カバーが外せます。ツメでとまっているので少しづつ開いていきます。
赤枠の部分がHDDになります。

 

本体よりSATAケーブルが差しこまれていますので外します。

 

赤丸のネジ4本を取外します。

 

HDDとマウンタが外れます。

 

銀色のカバーを剥がしてネジを外した状態です。

 

■内蔵HDD

型番:東芝 DT01ACA100
サイズ:3.5インチ
容量:1TB
コネクタ:SATA

リカバリディスクがあれば、同等のHDDに交換して修理することも可能です。

HDDはamazonで購入可能です。

故障したパソコン高価買取します





HDD購入の注意事項

HDDの基礎知識

Windows7のインストール

パソコン分解サイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 何処吹く風 より:

    画像を多用してわかりやすく解説いただき、ありがとうございました。
    ただ、私の失敗体験を追加していただければ、より役に立つかと
    恥ずかしながらコメントさせていただきます。
    実は、あらかじめ B-CASカードを抜いておくのを忘れたまま
    裏蓋を外しました。外すときには気がつかないままでしたが
    外したHDDを再び取り付けて裏蓋をはめるときに、右側が
    なぜか入らないので、一旦外して右側からはめていくと
    右下隅がやはりはまりにくい……となって、やっと気づきました。
    B-CASカードを抜かずに作業をしてしまったのです(大泣き)
    折れ曲がったB-CASカードを泣きながら元に戻しましたが
    果たして認識してくれるかどうかわかりません(再び大泣き)
    他の方が同じ失敗をしないように記事の中で触れていただけると
    幸いです。

コメントを残す

PAGE TOP ↑