SSD化 東芝 dynabook Satellite B450 分解

公開日: 

SSD換装 東芝 dynabook Satellite B450 分解

東芝ダイナブックB450のHDDをSSDに換装しました。

メーカー名:東芝
型番:B450

CPU:Celeron 925/2.3GHz/1コア
HDD容量:250GB
メモリ容量:1GB (最大4GB)
OS:Windows 7 Professional 32bit
液晶サイズ:15.6インチ

HDDの取外し方法(B450)



今回使用するSSD


別のパソコンから外したmSSDを変換アダプターに取付けたものです。

mSSD:マイクロSSD

コネクタ部:約2.5cm


横幅:約5cm


ピン数

mSSD容量:128GB

変換アダプター
amazonで購入できます。

変換アダプターを探す

SSDを探す

パソコンに取付け

HDDを外したノートパソコンに取付けします。

HDDの取外し方法


サイズが小さいので隙間は何かで埋める必要があります。


起動成功!

Win7をインストールしてパソコンを起動させます。特に問題なく起動します。

SSDのメリット

なんといってもHDDに比べて速度が速いです。Windows起動はもちろんアプリの起動もかなり速くなります。ストレスが無くなりますね。
またあまり発熱もなくなりますので、ファンが回る機会も少なくなります。

SSDのデメリット

HDDに比べて価格が高いです。同じ容量なら3-4倍はしますかね。

予算的に余裕がある場合はHDDをSSDに交換することで速度が劇的に変化します。交換の難易度は高くはないので機会があればお試しください。

HDD購入の注意事項

Windows7のインストール

リカバリディスクの購入



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑